透析室のご案内

当院の透析療法は昭和46年に開始し43年目を迎え、県内の透析施設でも3本の指に入る老舗とし
て地域に貢献しております。
当院の人工透析室では、患者様が腎不全と診断され、保存期治療から透析療法に入り、導入期~維
持透析まで一貫した透析療法を行っています。そして、透析療法の選択として、患者様の希望や体の
状態により医師と相談の上、血液療法または腹膜透析のいずれかを選択できます。
また、帰省などで臨時に透析を希望される患者様や、病院より紹介される患者様にも対応しています。
なお、通院透析治療に不自由されている方には病院送迎車をご利用いただいています。 

透析療法の内容

 透析療法は、腎不全(腎臓の機能がほとんどなくなり、体液調整ができなくなった状態)の状態になられた患者様に対して行います。

血液透析

体内の老廃物や必要のない水を、人工腎臓(ダイアライザー)を使用して取り除く治療
です。(週2~3回通院が必要です)

腹膜透析

患者様自身の腹膜を透析膜として利用した透析法です。
(在宅で行うために通院は一月に一回程度です。)

 

主な医療機器・設備

● 透析ベッド台数 22台

● 逆浸透装置(30床) 1台

● 多人数用透析供給装置(30床) 1台

● 透析監視装置 21台

● 血液濾過透析監視装置 1台

● 個人用透析監視装置 1台

 ※使用機器の詳しい内容はこちらへ(臨床工学科)

スタッフの紹介

  •  医師 常勤 1名   非常勤 2名
  •  看護師 11名
  •  臨床工学技士 2名 

それぞれのスタッフが透析の様々な研修に参加、受け持ち看護師を決め、患者様の指導や
悩み・疑問に対応しています。

透析室の過ごし方

昼間透析(概略)   月曜日から土曜日

 
時  刻 内  容
            ~   8:30  透析室に入室
   8:30 ~

 体温・血圧・脈拍・体重を測定します

 患者様の状態をお尋ねします

   9:00 ~ 10:30  穿刺(透析開始)
 10:30 ~  処方については、定期投薬日にお尋ねします
 11:00 ~  体温・脈拍・血圧を測定します
 11:30 ~  お茶を配ります
 12:00 ~  昼食を配ります
 13:00 ~  血圧・脈拍を測定します
 14:00 ~ 15:30  回収、体温・血圧・脈拍・体重を測定します

 夜間透析(概略)  月曜日・水曜日・金曜日

 
時  刻 内  容
            ~ 15:45  透析室に入室
 15:50 ~

 体温・血圧・脈拍・体重を測定します

 患者様の状態をお尋ねします

 16:00 ~  穿刺(透析開始)
 17:45 ~  体温・脈拍・血圧を測定します
 17:55 ~  お茶を配ります
 18:00 ~  夕食を配ります
 20:00 ~  血圧・脈拍を測定します
 21:00 ~ 22:30  回収、体温・血圧・脈拍・体重を測定します

ご用意いただくもの

● 寝衣・バスタオル 1枚
● タオル 1~2枚
● ティッシュ
● 
● 湯のみ
● 室内履きスリッパ

 食事

● お食事を希望される患者様は、ご利用をスタッフに申し込みください。 
  自己負担(1食 432円)です。

● 病気の状況によっては療養のための治療食をとっていただく場合があります。
  (流動食、糖尿病食など)

● 治療食の方には、管理栄養士が食事療法についてお話しします。

● 選択メニュー:常菜は毎日提供しています。選んでいただくメニューについては
  管理栄養士がお尋ねします。

● 配膳時間 昼食12:00 ~ ,夕食18:00 ~

● 各ベッドに配膳します。 

湯茶

● お食事の前には、湯茶をお配りいたします。(11時30分頃,17時55分頃)

● 治療により水分を制限されている方は、決められた水分量をお守りください。

● お茶・お湯は、同じ階のデイルームの給茶機(ティーサーバー)をご利用ください。

● 24時間ご利用できます。  

トイレ

● 透析室に各1ヶ所に設備

● トイレで気分が悪くなられたら、ナースコールでお知らせください。 

● 透析中、トイレに行きたくなられた場合、一時透析離脱し移動が可能ですのでお近くの
  看護師に声かけて下さい
 

シーツ交換

● 毎週1回交換します。汚れた場合等は、その都度交換します。  

病衣

● 各自でご用意ください。  

電話

● 電話での患者様のお呼び出しは、緊急以外はご遠慮ください。

● 公衆電話は同じ階のデイルームにあります。

● 携帯電話は、電子医療機器に悪影響を与えるおそれがあり、使用出来ない区域が
  あります。 ご協力をお願いします。なお、職員が使用しているPHS電話機は、内線
  用電話機で、電子医療機器に影響を与えないものです。
 

新聞

● 透析室内の患者様控え室には、一部準備しています。 ご自由にお読みください。  

テレビ

● 各ベットにテレビがあります。 (有料:テレビカード使用)

● テレビカードを同じ階のデイルームの販売機でお求めください。(1枚1,000円)

● ご使用残りのカードは払い戻しができます(10円単位)。同じ階の西病棟デイルームに
  設置しておりますテレビカード精算機をご利用ください。

● テレビのトラブル発生時は、看護師等へお知らせください。

 冷暖房

● 室温は職員が管理していますが、温度の調節を希望される場合は、お近くの看護師
  までお知らせください。
 

喫煙

● 平成17年7月1日より、敷地内での禁煙を実施しております。ご了承ください。  

面会

● 透析中の面会につきましては、患者様が治療中のため、ご遠慮いただいております。

● 急用などで面会が必要な方は、『患者様入口』から入室し、透析室職員にお知らせ
  ください。 
 

ご意見や苦情窓口

皆様のご意見をいただき、よりよい医療・看護を提供していきたいと思っています。
師長や相談員・職員などにお話しいただくか、病棟内や受付に設置している「ご意見箱」をご利用ください。

相談窓口

 当院では、医療ソーシャルワーカー(相談員)が福祉サービス全般について、ご相談を受けています。

具体的なご相談事項の例

1.入院中でのお困りごと
2.身体障害者手帳などの申請手続きの代行
3.退院や転院について
4.他施設の紹介
5.在宅での生活・介護について
6.その他、福祉サービス全般について など

ご利用希望の方は医療相談室をお尋ねいただくか、
お近くの職員に声をかけて
医療ソーシャルワーカー(相談員)をお呼び出しいただき、ご遠慮なくご相談ください。

 

その他(お願い)

● 病状等の都合により、ベッドの変更をお願いすることがあります。ご了承ください。
● 盗難予防のため、貴重品や多額の金銭はお持ちになりませんよう、お願いします。
● 止むを得ず金品を所持される方は、必ずご自分のベッドまでお持ちになり、保管してください

紛失、盗難につきましては、責任を負いかねます。

● 他の患者様の療養の妨げになるような行為(飲酒、金銭の貸し借り、物品の販売など)は固く
  禁止しています。

● 飲酒・暴力などで他人に迷惑をかけたり、職員の指示に従わない場合は、直ちに退室・転院
  の取り扱いをさせていただきます。

● 必要時以外は、他の病棟・病室への出入りはご遠慮ください。
● 駐車場内の事故等につきましては、責任を負いかねます。

 当院職員に対するお心遣いはご遠慮申し上げております。

 治療について

お薬

● 薬は、当院で発行した処方箋を処方薬局にお持ちください。
● 薬の服用については、看護師または薬剤師が説明をいたしますので、説明された
  飲み方をお守り下さい。

● 薬や注射などで異常を感じたら、すぐ看護師にお知らせください。
● 他院で処方された薬(点眼薬・軟膏など)を使用中の患者様は、主治医や看護師に
  必ずお知らせください。
 

検査

● 検査の前には、注意事項、絶飲食など詳しくご説明いたします。
● 不明な点や心配な事がありましたら、何でもお気軽にお尋ね下さい。

病状の説明

● 主治医が病状、検査、治療についての説明をいたします。
● 疑問やご要望がありましたら、主治医や看護師にご相談ください。
● 主治医の説明を希望される時は、主治医と日時等の調整をしますので、看護師に
     お知らせ下さい。
 

他科(病院・医院)受診について

● 治療に必要な検査等で、他の診療科(病院・医院)の外来を受診していただく場合が
     あります。

● 他の診療科(病院・医院)の外来受診を希望される時や、他院で処方された薬(点眼
     薬・軟膏など)を使用中の患者様は、主治医や看護師に必ずお知らせください。
 

非常災害について

● 防火・耐震設備など、災害防止対策を整備しています。
● 万一、火災や災害が発生し避難が必要な時は、すぐに回収を開始し避難の準備をいたします
  ので、職員の指示に従って行動してください。

● 非常口と避難場所は、入室時に看護師が説明いたしますので、ご確認ください。
● 非常時のエレベーターは危険です。使用しないでください。  

医療費について

● 医療費は、毎月末に締め切り、翌月10日頃に請求書をお届けしますので、その後1週間以内
  に受付でお支払い下さい。

● カードによるお支払いをご希望される場合は、受付にカードをご提示ください。
● 医療費について不明な点がありましたら、お支払いになる前に受付・透析担当職員にお尋ね
  ください。

● 第3者行為による傷病の場合は、健康保険が使用できませんので、全額患者様の負担となり
  ます。

● 診療費は患者様あてに請求いたしますのでご了承ください。
● 医療費等でお困りのことがありましたら、ご遠慮なく受付・透析担当職員や医療ソーシャルワ
  ーカー(相談員)
にご相談ください。
● 入院期間が長期間(180日以上、他院も通算)の患者様は、入院費の一部が保険適用不可
  となり、実費をいただく場合があります。
 

年金・生命保険などの診断書について

診断書をご希望の方は、早めに受付にご相談下さい。
診断書の種類によっては、数日かかる場合があります。

 

交通アクセス

スタッフ募集中

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.