緩和ケア病棟『わかな』

緩和ケア病棟 わかな 外観

  緩和ケア病棟『わかな』では、がんなどの病気に対し、患者様の身体的ケアはもとより、心のケア、ご家族の悩みの解決を、緩和ケア病棟のスタッフが一丸となって行います。

最新トピックス

2016.11.25 【動画公開】市民公開講座 開催しました

2016.01.20 当院緩和ケア認定看護師 のご紹介
2015.09.26-27 リレー・フォー・ライフ・ジャパン佐賀 2015 に参加しました
 

24時間 チャリティイベント 

 『リレー・フォー・ライフ・ジャパン2015佐賀』

 開催され、【緩和ケア病棟 チーム『わかな』】

 として冨安Drを筆頭に多職種チームで参加しました。

 

参加報告はこちらをご覧ください

2015.05.31 【動画公開】市民公開講座 開催いたしました

 

理念・基本方針

 

緩和ケアとは

緩和ケアとは、患者様とご家族の苦痛を取り
除き、がんなどの病気があっても、可能な限り
その人らしい生活を送れるようにするケアです。
からだの症状だけでなく、心の悩みや社会的な
問題に対するケアも一緒に取り組んでいきます。

手術や化学療法、放射線療法など他の医療機
関と連携をとりながら、がんの診断時から取り
組み希望のあるあたりまえの暮らしができるよう
に支援する事を目的としています。

緩和ケア概要図

 緩和ケア病棟とは・・・

 

 

●緩和ケア病棟(わかな)
 パンフレット
はこちら

 入院までの流れ

1)入院相談 

ご入院や外来受診をご検討なさっている場合は、当院地域医療連携室のソーシャルワーカーにご連絡ください。(0955-28-1111)「緩和ケアの受診のことで相談したい」とおっしゃってください。入院をご考慮になる上で、見学を希望される場合もご連絡ください。日程を設定いたします。(ご予約なしでの見学はお受けすることができません)

2)入院面談

入院の前に病棟担当医による面談(患者様の様態、病状の認識の確認、ご家族のご意向の確認など)を受けていただきます。体調がすぐれない場合などを含め、必ずしもご本人の同席は必要ありません。面談に際しては入院中あるいは通院中の治療病院、かかりつけの主治医の先生の了解が必要です。紹介状を、治療病院の地域連携室より当院に予め送付していただき、面談日時を決定します。

3)入院判定会議

面談の結果を、医師・看護師・医療ソーシャルワーカーなどと相談し、ご入院していただく時期などを検討します。

4)入院

転院・入院していただく日時を決定し、紹介状をいただいた御施設にご連絡し、正式に入院の運びとなります。

 

入院後の療養生活について

 ● 食事の時間や、お薬の時間などにある程度決まりはありますが、ご相談しながらご自宅
  での生活に近い形で療養を行っていただくことができます。
● お部屋は全室個室になっており、患者様とご家族が一緒に食事をすることや、宿泊する
  事も可能です。
● 痛みなどの苦痛症状に対しては。緩和医療専門医が適切に対処いたします。専門科の
  診療が望ましいと考えられる場合は、本院その他の専門医に相談し、適切に対処します。
● 食事は、朝7:30、昼12:00、夜18:00に保温保冷車で病棟に届けられ、スタッフがお
  配りします。ホールで皆さんと食事していただくことも、お部屋で召し上がっていただくこと
  もできます。
● 食事内容については、管理栄養士と相談することができます。病棟内には台所があり、
  調理もできます。
● 当病棟ではお酒などの嗜好品を楽しんでいただくことも可能です。また、しつけのされた
  ペットの面会も可能です。
● 面会時間は特に決めていません。遅い時間でも、まわりの患者様にご配慮いただきなが
  ら面会していただくことも可能です。また、逆に面会を制限されたい場合もご相談ください。

● ご希望に応じて、外出や外泊が可能です。ご自宅での療養を希望される場合は、地域の
  医療・介護機関と連携をとって環境を整えます。
● ご家族が休憩や宿泊ができるように、家族控室を準備しています。
● 毎週木曜日にはボランティアによるお茶のサービスや季節ごとの様々なイベントが行われ
  ています。

   

緩和ケア外来について

外来受診を希望される場合、治療病院、かかりつけの主治医の先生にご相談いただき、外来予約を行ってもらってください。

外来受診を希望される患者様の病院スタッフの皆さまへ

当院(0955-28-1111)にお電話いただき、地域医療連携室ソーシャルワーカーに緩和ケア
外来受診の連絡である旨お伝えください。予約を入れさせていただきます。
●外来診察日:毎週火曜日・金曜日 9:30~12:00
(その他の曜日もご都合に応じて検討いたします)

訪問看護 在宅緩和ケア

当院では、在宅での緩和ケアも積極的に行っております。訪問看護ステーション・居宅支援事業所と連携し、在宅緩和ケアに習熟したスタッフで対応にあたります。

詳しくはこちら 光仁会訪問看護ステーション 在宅緩和ケア

緩和ケア認定看護師

【日本看護協会】緩和ケア認定看護師 正木 晶子

 

私が認定看護師を目指したきっかけは、化学療法室や訪問看護の経験

から重い病を抱える患者さんやご家族、身体や心の様々な辛さを抱えて

治療を続けるのか、治療をあきらめるのか『緩和ケア』に行くのかという

選択肢で悩まれていつことに直面したからです。

そして私に何が出来るだろうと思慮し、知識不足とケアの未熟さを痛感

したからです。病棟スタッフの皆さんは緩和ケアのスキルが高い方ばか

りで私は新人同様かもかもしれませんが、私は"患者さんがその人らし

より豊かに生きること"を支援しています。また、患者さん・ご家族やスタッ

 

フからの相談を受け、病状マネジメントを行い、効果的なケアを提供しています。

   

 「がん」に関する相談について

「がん」という病気は、今や日本国民の2人に1人が一生涯のうちに一度はかかる、いわば国民病になりつつあります。いろんな病気の中でも特に「痛み」という身体のつらさが出やすい、生命を脅かす、というイメージが強く、気分の落ち込みや不安感などの気持ちのつらさが起こりやすい、治療・療養の不安(医療費は?家族への負担にならないだろうか?など)おこりやすい病気です。西田病院緩和ケア病棟「わかな」には、これらの悩みに適切に対処できる医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、リハビリ、管理栄養士といった専門のスタッフがいます。
「がん」に関するお悩み、抱え込まずにお気軽にご相談ください。

連絡先

西田病院 緩和ケア病棟「わかな」 0955-28-1133 (病棟直通)
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00

● 匿名での相談も可能です。
● 相談内容によっては、後日改めてご連絡させていただく場合もあります。 

「緩和ケア」ボランティアの募集

 『西田病院緩和ケア病棟』では、ボランティアとして活動していただける方を募集しています。活動内容は、お茶サービス・草花の管理・病棟ロビーの整理整頓・院内散歩の同行・お話し相手・本の朗読・行事の開催又は参加・特技・趣味を活用した患者様とのふれあいなどです。
ボランティア参加者は、緩和ケアチームの一員として患者様を支えますが、医療行為は行いません。ボランティアとして活動するためには、研修会へ参加して頂き、その後活動となります。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。
 

主な病棟設備

● 病床数:20床 (特別室2室、一般個室18室
● 相談室(診察室)
● 家族室:2室(トイレ付き) ● 家族付添者用浴室:
● 介助浴槽:  ● 一般浴室:

 ※画像クリックで大きいサイズの写真がご覧になれます。

一般病室 病室トイレ 特別室 特別室浴室 病棟内はあたたかな雰囲気
介助浴室 介助浴槽 家族室 家族室 スタッフルーム
相談室 相談室 多目的ホール 多目的ホール 広々とした庭
玄関前 コンサート コンサート コンサート コンサート
 玄関前  玄関前  玄関前  玄関前  玄関前

緩和ケアQ&A

Q.緩和ケアではどのような治療が受けられますか?

 患者様の苦しみを取り除く治療であれば、痛みの治療だけでなく、感染症に対する抗生物質の
投与など、積極的な治療も行います。しかし、患者様の体力が消耗しているとき、苦痛を長引か
せるだけの可能性のある治療(延命処置など)は、行わない方針としております。

Q.緩和ケア病棟に入院後、退院することや外泊することはできますか?

 もちろんできます。苦痛が強くなって入院し、コントロールして自宅に戻られる場合もあります。
緩和ケア外来や訪問診療を利用して、ご自宅で過ごすお手伝いもさせていただきます。

Q.入院費が高額になるのでは?

 緩和ケア病棟の入院費は医療保険で受けることができます。高額療養費助成制度やその他の補助が受けられます。詳しくは当院医療ソーシャルワーカー(相談員)がご説明いたします。

 ※緩和ケア病棟の入院基準として2010年現在、医療保険上
「がんもしくは後天性免疫不全症候群」と疾患が限られております。

交通アクセス

スタッフ募集中

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.