回復期リハビリテーション病棟

 回復期リハビリテーション病棟とは

● 医師
看護師
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士

● 歯科衛生士
医療ソーシャルワーカー
薬剤師
管理栄養士 

各専門スタッフがチームを組み、決められた入院期間内で集中的に訓練を行い、
在宅・社会復帰を目指します。
リハビリ室だけが訓練ではなく、朝起きて寝るまでの日常生活が訓練となります。

当院のリハビリテーション病棟の特色

● 当病棟基準は、「回復期リハビリテーション病棟入院料3」です。(2019年より
● 2020年度より病床を50床に増設し、地域のみなさまのニーズに応えていきます。

     ※2019年度まで38床
● 患者様・ご家族様と情報を共有するため定期的な面談をおこない、おからだの状態や
    リハビリの進み具合、今後の計画、希望される退院後の療養環境等、お伝えします。
● 自宅退院を希望される患者様で、必要な場合は自宅訪問をおこない、実際の生活動
    作や、住宅環境の確認をおこないます。必要があれば、改修等のご提案をします。
● リハビリ室以外でも、病棟で「脳トレーニング」や「体操」、「ボランティアの皆さんによる
    レクリエーション」をおこなっています。

  ※現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、自粛しています。
● 歯科衛生士による義歯の手入れ、口腔ケアで嚥下性肺炎の予防に努めています。

 

リハビリ訓練の様子 

 

 

病棟での集団リハビリテーション

病棟での集団リハビリテーション

 

 

病棟での動作評価

ボランティアによるレクリエーション


 

交通アクセス

スタッフ募集中

社会人から看護職へ

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.