臨床検査科

臨床検査とは

医師が病気を診断し治療していくためには、患者様の体の状態を知らなければなりません。
この体から出されたサインを確認するのが臨床検査です。
これらのサインを検査して把握し、病気の原因の追究を行うことが臨床検査の重要な役割と
なります。
臨床検査は病気の診断だけではなく、治療経過の確認や重症度の判定、回復の度合いなど
にも利用されています。

 

臨床検査科理念

基本方針

患者様に信頼される検査データを、正確かつ迅速に提供できるよう日々研鑽し、知識および
 技術の向上に努めます。

病院のチーム医療の一員として、院内感染対策チーム、糖尿病療養指導チーム、健康診断
 チームに参加します。

笑顔と心のこもった挨拶、言葉かけに努めます。

 

臨床検査科スタッフ

 

●臨床検査技師 6名

助手 1名

他、取得資格
 日本超音波検査医学会認定 超音波検査士
 糖尿病療養指導士

 

検査内容

検査は、尿・便・血液など体から出るもの全てを検体とする検体検査と、患者さんの体からの
情報を直接記録して体の状態を調べる生理検査があります。

検体検査

1 生化学検査

肝臓・腎臓など、主に内臓関係の関連酵素、脂肪、血糖などの血液中の
成分を調べます。

2 血液検査

血液中の赤血球、白血球、血小板等の有形成分の数を調べます。

3 血液ガス検査

血液中の酸素や二酸化炭素量などを調べます。

4 凝固・止血検査

肝機能、投薬管理、病態把握の為の項目を調べます。

5 尿検査

尿中成分(蛋白、糖、潜血など)の異常を調べます。顕微鏡で尿中成分の
観察も行います。

6 細菌検査

尿・喀痰・便等を検体とし、細菌感染の有無を調べます。
菌の同定や薬剤感受性の検査も行います。
 

7 輸血検査

血液型、交差適合(輸血が可能かどうか)を調べます。

8 その他

簡易キットを用い、以下のような検査も行っています。
HBs抗原検査(B型肝炎ウイルス)、HCV抗体検査(C型肝炎ウイルス)、
尿中肺炎球菌抗原検査、インフルエンザ検査などの感染症検査、便潜血検査
CD毒素検査、etc… 
 

生理検査

1 循環器機能検査

心臓の機能を調べます。心臓エコー検査、心電図、負荷心電図、24時間ホルター
心電図、トレッドミル検査などがあります。

2 呼吸機能検査

肺の機能を調べます。肺活量、努力性肺活量などを装置により検査します。

3 脳波検査

脳、神経の機能に関する検査で、脳の機能状態を調べます。

4 超音波検査

腹部、心臓、乳腺、甲状腺、血管系(頚動脈など)の状態を装置により観察します。

5 血管伸展性検査

ABI(血圧脈波)、PWV(脈波伝播速度)を測定することで、動脈硬化や血管の
つまりを調べることができます。

6 眼底検査

眼球の奥にある血管や網膜、視神経を調べる検査です。

7 眼圧検査

眼球の圧力を調べます。眼に空気を吹きつけることで測定します。

8 視野測定

どのくらいの範囲が見えているかを調べる検査です。ゴールドマン視野計により
測定します。

9 視力測定

0.1から1.5まで、5m・50cm・33cmの距離での視力を測定できます。

10 聴力測定

125Hzから8000Hzまでの聴力を測定できます。

検査を受けられる方へ

検査結果は項目によっては、病気の有無以外にも食事や運動、体位、服薬など
 多数の因子によって変動します。食事の有無や毎日飲んでいる薬に関しては、
 事前に主治医またはスタッフに確認をして下さい。

水分摂取について
 (絶食時以外)多少の飲水は構いません。水道水・白湯・ミネラルウォーター等を摂取してください。
 ※糖分や乳脂肪分が入っているものは避けて下さい。
  (ミルク入りコーヒー、スポーツ飲料、フレーバーウォーター、牛乳等)は摂取しないで下さい。

厚手の服や袖口の締まっている衣服は避け、着脱しやすい服装でお願いします。

他、気になることがあれば、スタッフにお声掛け下さい。

交通アクセス

スタッフ募集中

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.