臨床検査科

検査内容 検査を受けられる方へ 臨床検査技師とは?  

臨床検査科理念

基本方針

● 医療人として教養及び人間力の向上に努めます。

患者様に、信頼される検査データを正確かつ迅速に提供できるよう日々研鑽し、
   知識及び技術の向上に努めます。

病院のチーム医療の一員として、感染防御チーム、生活習慣病サポートチーム、
   糖尿病療養指導チーム、健康診断チームに参加します。

笑顔と、心のこもったあいさつ、言葉かけに努めます。

臨床検査科スタッフ

臨床検査技師6名
       (日本超音波医学会認定超音波検査士3名)

助手1名

検査内容

生化学 血液 尿・便 細菌 生理検査 輸血検査 その他

1 生化学検査

肝臓・腎臓など主に内臓関係の機能関連酵素や脂肪、血糖などの一般的な血
液中の生化学項目を汎用自動分析装置により測定します。

2 血液ガス分析

血液中のPH、酸素、二酸化炭素の量を血液ガス分析装置により測定します。

3 血液検査

血液中の赤血球、白血球、血小板の数を自動血球計数装置により測定します。

4 止血検査

手術前検査、肝機能検査、投薬管理、病態把握のために血液凝固自動検査装
置により測定します。

5 尿検査

尿中の成分(蛋白、糖、潜血など)の異常の有無を尿検査自動測定装置により
測定します。又、顕微鏡により尿中の成分を分析します。

6 細菌検査

尿・喀痰・便等の細菌感染症を調べる検査です。
自動分析装置により、菌名、薬剤感受性を判定します。

7 循環器機能検査

心臓機能を調べる検査です。心エコー・心電図・負荷心電図・ホルター心電図・ト
レッドミル検査をそれぞれの装置により測定します。

8 呼吸機能検査

肺の機能を調べる検査です。肺活量、努力性肺活量、などの検査を肺機能検査
装置により測定します。

9 脳波検査

脳、神経の機能に関する検査を脳波測定装置により測定します。

10 超音波検査

腹部、心臓、乳線、甲状腺、血管系(頚動脈等)を超音波装置により検査します。

11 血管伸展性検査

ABI(血圧脈波)、PWV(脈波伝播速度)を測定する事により動脈硬化や、血管
の詰まりを調べる検査です。

12 眼底検査

眼の奥の血管を撮影する検査です。

13 眼圧検査

眼に空気を吹き付けることで眼球の圧力を測定します。

14 視野測定

ゴールドマン視野計による視野測定です。

15 視力測定

0.1から1.5迄 5m・33cm・50cm の距離で視力を測定できます。

16 聴力測定

125Hzから8000Hzまでの聴力を測定できます。

17 輸血検査

輸血のための血液型・交叉適合の検査をします。

18 その他

簡易キットを使う事により次の検査ができます。
ヘリコパクターピロリ抗体検査、HBs抗原検査 、HCV抗体検査、尿中肺炎球菌
抗原検査、尿中レジオネラ検査、CDトキシンA&B検査、便潜血検査、血中アン
モニア、その他

検査を受けられる方

血液・尿などの検体検査を受けられる方へ

一 般の血液・尿検査:血糖や中性脂肪など、食事によって大きな影響を受ける
検査項目があります。担当医に検査前の食事の可否 をご確認ください。

糖負荷試験

糖代謝を見る検査です。ブドウ糖溶液を飲んでいただき、その前後での血糖や尿糖などを
測定します。
前日夕食以降、間食や糖分を含む飲み物を摂らずに検査を受けていただきます。
(但し、医師から指示がある場合は、その指示を優先してください。服薬についても医師にご確認ください。) 

臨床検査技師とは?

 人間の身体、人間の体の中および人間の体から出る物すべてが検査対象となり、
それを検査する仕事です。
検体が正しく測定できるように採取する指導をし、前処理した後に機器に設置して
測定
します。結果が出たら正しい数値かどうかを吟味し、何の病気が疑われるかを
察知し、
担当医師へ報告します。

この仕事をしていて楽しいことや良かったこと

患者様の検査を行う部屋で仕事をしているので、誰よりも早く患者様の事が把握できますし、治療され日に日に良くなるのが検査の数値でもわかります。患者様が良くなる事が「最大の喜び」ですね。
患者様に直接触れて行う生理検査を施行する時など、患者様の口から「感謝の言葉を」を聞くと「検査技師でよかった」と感じますね。

この仕事でつらいことや大変なこと

医療の世界は日進月歩が早く、3年前の知識は古い場合があります。常に、アンテナを張り巡らし、新しい情報を得て、勉強していかないといけない仕事です。人間の身体を相手にする仕事なので、気を抜いたり楽ができません。

この仕事はどんなふうに世の中に役立っていますか

病気を見つけるために検査を行うことは、もちろん我々の仕事であり、健康になるために検査を行います。検査技術が目覚ましく発達した事で、早期発見が可能になり、命が助かる人が増えています。また、健診では病気になる前の段階を見つけ、生活の改善などを促し、病気になることを防ぎます。

交通アクセス

スタッフ募集中

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.