回復期リハビリテーション病棟を増床しました

 

地域のニーズにこたえるため、回復期リハビリテーション病棟の病床数を38床から50床に増床!

 

同時に病棟内にリハビリテーション室を新設しました。

 ★安全懸架装置を駆使したレール走行式免荷リフトを使用した歩行訓練機を中心にアクティブなリハビリテーション機器をそろえた部屋を病棟内に設置しました。

<安全懸架装置を駆使したレール走行式免荷リフト>
 
  •  容態を見ながら免荷量を変えることで、早期からの歩行訓練が実現します。
  • 免荷機能を必要としない患者さんは安全懸架として使用することで、不意の転倒に対応した歩行訓練が行えます。
  • 「安全な危険」のもと、バランスを崩す体験をすることで、脳へのフィードバックが行えます。

 

 

★病棟内に備えたリハビリテーション機器

  • レール走行式免荷リフト
  • 筋力トレーニング機器
  • コードレスバイク
  • プラットフォームマット
  • ゲイトイノベーション歩行用装具

 

<病棟内に新設したリハビリ室>

 

 

交通アクセス

スタッフ募集中

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.