痔(じ)の種類について

 
 

おしりの血行が悪くなって、血管の一部
がこぶ状になったものです。

 

痔の中でもっとも多いもので、一般的に
「いぼ痔」とも呼ばれます。

 

奥に出来たものを内痔核、外に出来た
ものを外痔核と呼びます。

 

内 痔 核

外 痔 核

基本的に、痛みはなく出血や脱出してきますが、悪くなると痛みを伴う時があります。 

はしこりを触れて痛みを伴う事が多いです。
 

 

治療の基本は、薬物療法や生活習慣の見直しですが、手術が必要な時もあります。

 

●当院では内痔核に対しては「切らない手術(硬化療法)」も行なっております

 

 

 
 

硬い便や、おしりに負担がかかり、肛門
の皮膚が切れたり裂けたりして傷がつい
たものです。


強い痛みがあり、血が出ることもありま
す。一般的に「切れ痔」とも呼ばれます。


 

 治療は薬物療法や生活習慣の見直しです。

切れ痔を繰り返すと、肛門潰瘍やポリープを作る事があります。

 

 
 

肛門のまわりに膿がたまり、膿が外に
流れ出るトンネルができてしま
った状態
で、発熱や痛みを起こしま
す。

 

一般的に「あな痔」とも呼ばれます。

 

治療は手術しかありません。ほっておくとまれに、癌になることもあります。

早めの受診を心がけてください。

 

 

交通アクセス

スタッフ募集中

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.