看護部(教育)

教育目的

 看護職員自らが臨床実践能力向上のため、段階に応じた目標設定・能力開発の支援を
行い、自立した看護職員を育成する。

 

教育目標 

1.看護専門職として、質の良いケアを提供するために必要な知識、技術、態度の向上を促す。
2.看護専門職として、自らの責任において生涯にわたり、継続教育による能力の開発・維持
  に努める。

 

組織体制

 

 

学生支援

 当院では毎年、数名の看護学生を採用し、資格取得に向けて学習の支援をしています。 

先輩たちの声

 
 ●准看護科

今まで聞いたこともない難しい言葉ばかりで、勉強についていけるか不安でしたが、講義に合わせた学習会のおかげで成績も伸び、自信がつきました。 

●看護科 

看護科に進学して、成績が最下位になったけど、個別補習のおかげで、20位まで順位があがりました。勉強の仕方が分かったので、楽しくなりました。

 
●准看護科

資格をとったら、注射や採血など、ちゃんとできるか不安でしたが、事前に新人 研修をしっかりしてもらえているので、がんばれそうです。

●看護科 

思った以上に仕事と勉強の両立が大変なことを知りました。でも、実地指導者の方が一生懸命、私を支えてくれたので、嬉しかったです。

新人看護師教育

 当院では、臨床実践能力獲得のために、ガイドラインに基づいた1年間のスケジュールパスに沿って、
新人看護師を支援します。

新人看護職員研修 年間スケジュールパス(PDF) 

交通アクセス

スタッフ募集中

関連施設のご案内

関連施設のご案内

お問い合わせ

広報誌ほっとらいん

広報誌ほっとらいん

財団法人日本医療機能認定機構認定病院

医療情報サービスMinds(マインズ)

COPYRIGHT © 2010 NISHIDA HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED.